緊密さ増すサウジとインドの経済関係

緊密さ増すサウジとインドの経済関係

(Ljupco/Creatas/btgbtg/iStock)

サウジの国営石油会社サウジ・アラムコが、インド大手財閥リライアンス・インダストリーズ(RIL)の石油関連事業への出資を検討している、と4月に報じられるなど、サウジとインドの経済関係が緊密化する兆しを見せている。報道によれば、サウジ・アラムコは、RILの石油関連事業に最大25%出資するとのことであり、早ければ6月にも合意する可能性があるという。

 元来、サウジはインドの「仇敵」とも言うべきパキスタンとの関係が密接であった。最近も、サウジはパキスタンのグダワル港に100億ドルの製油所の建設を約束した。パキスタンの核開発をサウジが資金援助したことは良く知られている。パキスタンはサウジに軍事顧問を送っている。日本では一般的に、パキスタンをアジア、サウジを中東に分類しているが、両国は地理的に近接している。

 しかし、経済的にはインドはパキスタンの数倍で、サウジにとっての経済的利益はインドの方がはるかに大きい。インドから見ると、インド人はサウジで働く外国人労働者の中で最大で、毎年本国に110億ドル送金している。インドにはイスラム教徒が2億人いるが、これは世界で三番目である。サウジがインドとの経済関係を進めようとするのは当然である。当面、サウジ・アラムコが先兵の役割を果たしそうである。

 他方、サウジのインドとの経済関係の強化は、サウジとパキスタンの伝統的な関係に影響を与えないだろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)