香港デモに沈黙する日本政府、習近平訪日にも配慮か?

香港デモに沈黙する日本政府、習近平訪日にも配慮か?

日本政府 香港のデモに沈黙

香港デモに沈黙する日本政府、習近平訪日にも配慮か?

写真:ロイター/アフロ

米国や欧米の政府や議会が、香港政府が進める逃亡犯条例の改正に対する懸念を表明しているなか、日本政府は現時点まで沈黙を守っている。香港の学生運動活動家で来日中の政治組織「デモシスト」幹部のアグネス・チョウ(周庭)さんは連日、「日本政府や日本の政治家は香港についてもっと発言してほしい」と呼びかけている。だが、28日から開かれる20カ国・地域サミット(G20)で初めて議長国を務める日本政府にとって、習近平・中国国家主席と安倍晋三首相との首脳会談という重要イベントも控えており、香港情勢は難しい対応を突きつけている。

 12日夜に渋谷の駅前広場で行われた香港デモ支援の集会では、日本人と在日の香港人あわせて数千人が詰めかけ、中国への容疑者引き渡しを可能とする逃亡犯条例の改正阻止を訴えるとともに、日本政府の対応について物足りなさを指摘する声もあちこちから聞かれた。

■香港政府に「圧力」をかける国際社会

 米国のナンシー・ペロシ下院議長は11日、香港の逃亡犯条例の改正問題について、香港の民衆によるデモを支持し、逃亡犯条例の改正に反対すると表明した。さらに、条例改正が可決された場合、米議会として、一国二制度における十分な自治が香港に与えられているかどうか再評価を行うと述べた。

 声明でペロシ下院議長は「平和的方式によって主権を守ろうとする香港人の行動に感動した」と述べてデモ隊を賞賛。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)