好調巨人を支える炭谷銀仁朗がFA逆風≠跳ね返せた理由

好調巨人を支える炭谷銀仁朗がFA逆風≠跳ね返せた理由

(MagentaToolbox/gettyimages)

巨人が好調だ。16日の日本ハム戦(札幌ドーム)は7―3で逆転勝ちし、連勝をもぎ取った。これで5カード連続勝ち越しを決め、交流戦でもたつくセ・リーグ首位の広島東洋カープに0・5ゲーム差にまで肉薄。ここまで4カードを終えた交流戦でも負け越しはなく、交流戦優勝も十分に狙える星勘定だ。

 好調の要因はさまざまあるが、その1つに挙げられるのは昨オフ、埼玉西武ライオンズから国内FA権を行使して新加入した炭谷銀仁朗捕手の存在であろう。交流戦で炭谷は12試合中5試合でスタメンマスクを被り、ベテランらしい好リードで全てチームを勝利に導いている。この日の試合でも立ち上がりから不安定だった先発のエース・菅野智之投手にフォークが効果的と見るや、要所で巧みに配球に取り入れ、日本ハム打線を2回以降から翻弄。これには、いつも強気な相手の主砲・中田翔内野手も試合後に「さすが」と思わず舌を巻いていたほどだった。

 この試合で菅野が炭谷とバッテリーを結成したのは公式戦2度目。これまでは同年代の小林誠司捕手と組む「スガコバ」が主軸だったものの、結果が伴わなくなったこともあってチーム方針で一時的に解体させられる形になった。この交流戦から「スガスミ」の新バッテリーになったのは、そういう経緯があるからだ。結果として、このコンビ結成はうまくハマった。腰の違和感から復帰したばかりでまだまだ万全とは言い難いエースを2試合連続で粘り強くリードし、勝ち星を与えたのは炭谷ならではの百戦錬磨の妙≠ェ冴え渡った証とも言える。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)