大学受験に英語の「話す」は本当に必要か?開始前に大混乱の英語教育改革

これは英語のリズムを体が覚えるからだが、漫然と聞いていても効率は悪い。やはり英語の中で暮らし、追い込まれて必要に迫られると、集中力が高まり、学習の能率も格段にあがる。日本で英語の勉強をするときも、要はどれだけ集中して英語と接することができるかが課題。宿題の出し方など、学校の先生の腕の見せ所だ。

Q 日本語と英語ではアクセントの置き方など話し方の違いがある

A 決定的に違うのはストレス・アクセントだ。ストレス・アクセントは英語の根幹で、日本語にはない運動法則に基づくと考えるといい。これは日本語話者にとっては基本的には「未体験ゾーン」なので、最終的には体で覚えたいが、入り口はいろいろある。英語に慣れないうちは、どうしても闇雲にぜんぶの音を聞こうとするが、英語はリズムが強くなった部分を中心に聞くとわかるような仕組みになっている。そこに特化した練習をするのもいいだろう。

 その点からして聞くことにはもっと力を注ぎたい。日本人は「話せない」とよく言うが、話せないのではなく、聞き取れてないことが多い。聞き取れてなければ、話そうにも話せない。また聞いたことが耳に残れば、自然と言葉が出てくるようになる。

 また同じく忘れてはならないのが、日本語と英語では音の数が違うということ。英語では日本語話者が「音」と見なさないものも、区別して聞き取らなければならない。

関連記事(外部サイト)