八村塁がNBAドラフト会議で1巡目指名 複数メディアがルーキーシーズンから活躍と予想

八村塁がNBAドラフト会議で1巡目指名 複数メディアがルーキーシーズンから活躍と予想

記事まとめ

  • NBAドラフト会議で八村塁選手がワシントン・ウィザーズから1巡目全体9位指名を受けた
  • 日本人初となるNBAドラフト1巡目指名は想像を絶する快挙と言っても過言ではないという
  • ウィザーズは八村をルーキーシーズンからNBAデビューさせて抜擢する可能性があるとも

NBA入りの八村塁が『即戦力の日本人』として評価される理由

NBA入りの八村塁が『即戦力の日本人』として評価される理由

ヘッドコーチらと会見に臨んだ八村選手(AP/AFLO)

夢を叶えた。今年の米プロバスケットボールリーグNBAドラフト会議で八村塁選手が、あの「神様」マイケル・ジョーダン氏もかつて在籍したワシントン・ウィザーズから1巡目全体9位指名を受けた。日本人として初めてとなるNBAドラフト1巡目指名は想像を絶する快挙と言っても過言ではない。

 全30チームでされる構成されるNBAのドラフトは1989年から2巡目までとなり、指名は60選手に限られる。同じく米四大スポーツのメジャーリーグ(MLB)では今年のドラフトで1217選手が指名された。それと比較すればNBAドラフトが狭き門であるかが分かる。しかも八村は1巡目だ。

 現地時間の6月20日に行われたNBAドラフトの会場では上位指名が予想される選手だけが陣取る「グリーンルーム」に座り、吉報を待った。指名された瞬間、会場から大きな歓声が上がると八村は天を指差すポーズを決め、壇上で流暢な英語を駆使しながら堂々のスピーチ。早くもスーパースターの片鱗を見せつけた。

 ここまでの経歴でも文句のつけようはない。全米大学体育協会(NCAA)1部の名門ゴンザガ大でジュニア(3年)に進んだ昨季からエースとなり、全米大学選手権(NCAAトーナメント)8強入りに貢献。

 日本代表としても驚異的な活躍でチームを13年ぶりのワールドカップ(W杯)出場へと導いている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)