深刻な大気汚染の韓国、中国には文句が言えないのか?

深刻な大気汚染の韓国、中国には文句が言えないのか?

マスクをしてバス停を歩くソウル市民(AP/AFLO)

毎日の朝、微小粒子状物質「PM2.5」濃度の数値を確認することはもう日常的なこととなった。数年前からソウル市内では、多くの人がマスクをつけて歩いている姿をよく目にする。韓国で大気汚染は深刻な社会問題になっている。

 昔から韓国の冬の気候を「サムハン、サオン・三寒四?」という4字熟語に比喩した。3日は寒くて4日は暖かい天気が繰り返されるという意味だ。最近は"三寒四温"という言葉の代わりに「三寒四微」という言葉が出ている。シベリアから吹いてくる冷たい風の天気が止むと、すぐに微粒子状物質(PM10)がやってくるからだ。

 3月5日、最悪のPM2.5が韓国を襲った。同日、ソウルの1日平均の濃度が135マイクログラム/立方メートルで、2015年にPM2.5の濃度を公式に測定して以来、歴代最高値を記録した。韓国保健社会研究院の報告書によると、「現在、韓国民が最も不安を感じる危険要素は、戦争や自然災害ではなく"微粒子状物質などの大気汚染"である」という。

 この1年間(2018年3月11日〜2019年3月10日)ソウルのPM2.5の濃度は平均25.8マイクログラムを記録した。世界保健機関(WHO)勧告基準である10マイクログラムの2倍を超えた。

 昨年4月にはソウルと水原(スウォン)、仁川(インチョン)で開かれる予定だったプロ野球3試合がキャンセルになった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)