日産・ルノーの呉越同舟♀博蜻拷で見えたすれ違い

日産・ルノーの呉越同舟♀博蜻拷で見えたすれ違い

AP/AFLO

ルノーとのせめぎ合いを経て、株主総会で統治(ガバナンス)改革に関わる定款変更が可決された日産自動車。しかし、経営の独立性を確保したい日産と、日産を経営統合したいルノーとの攻防は、これから激化していくのは間違いない。果たして、日産はこの先、どこへ向かっていくのか。

 「西川(廣人・日産)社長には、頑張ってもらいたい」、「ルノーとの関係は平等ではない。いまは統合すべきではない」、「ルノーは経営統合を強いるのか。議案に1度は賛成しながら反対に転じたのは、背信行為だ」…。横浜市で6月24日に開かれた120回目の定時株主総会。3時間17分に及んだ総会で、22人の株主が質問に立ったが、西川社長への支持とルノーに反発する意見が、それなりに多かった。昨年11月のゴーン元会長の逮捕以降、日産の株価は低迷しているのにだ。

 日本社会では、経営統合を含め敵対的なM&A(企業の合併買収)に対する拒絶感が、相変わらず根強いことを浮き彫りにもした。伝統企業である日産の一般株主にはOBも多く、出身企業の経営安定を願う向きが主流といえよう。

 とはいえ、”安定”とは異なる状況に、いまの日産は置かれている。

 昨年11月のカルロス・ゴーン元会長の逮捕を受け、日産はガバナンス改革に着手。

 その柱としたのが、従来の「監査役会設置会社」から、社外取締役により経営の監視を行う「指名委員会等設置会社」への移行だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)