「クンロク大関」続出でも大相撲に公傷制度が復活しない理由

「クンロク大関」続出でも大相撲に公傷制度が復活しない理由

大関栃ノ心(つのだよしお/アフロ)

またしてもという感は否めない。大相撲の大関豪栄道が名古屋場所8日目から休場した。場所前から右肩を痛めており、強行出場した末に負傷箇所が悪化。日本相撲協会に「右肩腱板不全損傷で約1カ月間の休養加療を要する」との診断書を提出した。これで今場所は貴景勝、栃ノ心に続き3人目となる大関の休場で、3大関不在は2012年秋場所以来の異常事態だ。

 4大関のうち、残された1人、大関の高安は8日目も玉鷲を下して1敗を堅持。土つかずの8連勝で突っ走る白鵬、鶴竜の両横綱を追っている。人気者の貴景勝はカド番で迎えた今場所を全休するため、新大関昇進からわずか2場所で陥落。栃ノ心、そして豪栄道も来場所はカド番となる。大関の面目にかけても、高安には初の幕内優勝を何とか成し遂げてほしいと願う人も多いだろう。何よりも毎度の繰り返しになっているかのような白鵬の独走に対し、いい加減に歯止めをかけてもらいたい――。そうした声も世の中からは聞こえてくる。

 しかしながら高安は玉鷲との一番で左肘を痛め、9日目の出場が危ぶまれている。休場となれば史上最多の4大関休場という目も当てられない事態となってしまうだけに、今の大関の権威そのものにも疑問符が投げられかねない。これは決して大げさな見立てではないと考えている。

 横綱昇進に一番近い位置にいるはずの大関陣には存在感が足りない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)