検証!香港を支配するもう一つの正体

検証!香港を支配するもう一つの正体

(cozyta/gettyimages)

6月以来、身柄を拘束された容疑者の中国本土引き渡しが可能になるという「逃亡犯条例」の改定問題を巡って、香港の混乱は止みそうにない。

 総人口の4人に1人に近い200余万人が街頭で反対の声を上げるなど香港史上空前の盛り上がりをみせる中、1997年7月1日の返還(中国では「香港の中国回帰」とする)から22回目を迎えた記念の日を狙ったかのように、反対派は議会(立法会)の建物に突入し議場を占拠・破壊する一方、警察部隊と激しい市街戦を展開した。例年の祝賀とは違う大混乱こそ、返還から22年目の香港が抱えた現実であり、習近平政権にとっては“不都合な真実”だろう。

 反対デモは香港島からヴィクトリア港を越えて対岸の九龍へ。反中ムードを高めながら新界の沙田へと、一歩一歩と中国本土に向かって進んでいる模様だ。この勢いが香港と接する経済特区の深?、さらには東莞に飛び火するだろうか。

 香港の若者の70%以上は自らを中国人ではなく香港人と見なしている。彼らに中国への帰属意識はない。素朴な感情に発した「逃亡犯条例」反対の声は、いまや過激な反中運動へと変質しつつある――メディア的には“絵になる情報”が次々と伝わって来る。

 その一方で、香港市民からの“予想外の猛反撃”がキッカケで英米両国などからの批判も受け、習近平一強体制がグラリと揺らいだといった観測も流れる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)