張本勲氏が大船渡高校・佐々木朗希の登板回避に苦言 高校球界からも怒りの声

張本勲氏が大船渡高校・佐々木朗希の登板回避に苦言 高校球界からも怒りの声

記事まとめ

  • 張本勲氏がTBS系『サンデーモーニング』に出演し、大船渡高校・佐々木朗希に言及した
  • 県大会決勝の登板回避に苦言を呈し、監督を批判し一方的なコメントをした
  • 張本氏にダルビッシュ有や長友佑都が「NO」を突きつけ、高校球界からも怒りの声が出た

ダルも長友も『NO』を突き付けた張本発言、高校球界も怒り爆発

ダルも長友も『NO』を突き付けた張本発言、高校球界も怒り爆発

(USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

またしても批判の嵐にさらされている。野球評論家の張本勲氏が28日放送のTBS系情報番組「サンデーモーニング」に出演。大船渡(岩手)の163キロ右腕・佐々木朗希投手が夏の甲子園出場をかけた県大会決勝で登板を回避して花巻東に敗れたことに対し、次のように舌鋒を向けたからだ。

 「最近のスポーツ界でね、私はこれが一番残念だったと思いますね。32歳の監督(大船渡・国保陽平監督)でね、若いから一番苦労したと思いますがね、絶対、投げさすべきなんですよ。前の日にね、129(球)投げてますからね。大体、(準決勝までの)予選で4回しか投げてないんですよ。合計で430、450(球)くらいしか投げてないのよ。昨年、吉田輝星(金足農)が800(球)くらい投げているんですよ、1人で」

 こう言って顔をしかめると、さらにこうも続けた。

 「監督と佐々木君のチームじゃないんだから。ナインはどうしますか? 一緒に戦っているナインは。1年生から3年生まで必死に練習してね。やっぱり甲子園は夢なんですよ。私は夢が欲しくてね、小雨の路地で泣いたことがありますよ。2年生、1年生も見てるんだから」

 一度火が付いてしまった張本節はおさまることもなく「最後に言いたいのは先発させてナインに『早く点を取ってやれよ、3点でも5点でも』と。そしたら代えてやることもできるんだから。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)