中国ウイグル政策にみる共産党の危機感

中国ウイグル政策にみる共産党の危機感

(vovashevchuk/hiloi/iStock)

2019年7月16日―18日、米国国務省では、宗教の自由に関する国際会議が開催された。7月18日には、ポンペオ国務長官が、20分にわたる基調講演を行なった。その中で、ポンペオ長官は、「中国は、我々の時代において、最悪の人権の危機にある所の一つである。それはまさしく世紀の汚点(the stain of the century)である。」と厳しい言葉を述べた。

 その前日、7月17日には、宗教弾圧を受けて逃れてきた人達がホワイト・ハウスに招かれ、トランプ大統領と面会した。中国からは4人いたが、そのうちの1人は、ウイグル族のジュワア・トティ(Jewher Tohti)さんだった。彼女のお父さん、イルハム・トティ(Ilham Tohti)さんは、教授としてウイグル族と漢族の距離を埋めようと書き物をしていたが、2017年に終身刑を受け拘留されてしまった。新疆ウイグル自治区では、150万人以上の人が強制収容所に入れられ、「再教育」という名のもと、宗教、文化、言語を奪われつつある。

 最近、中国におけるウイグル弾圧、洗脳が、子供にまで及んで いることが指摘された。7月13日付の米ワシントン・ポスト紙の社説が、このウイグル問題を取り上げ、世界はもっとこのことに注意を払うべきだと論じた。正論である。

 中国共産党がなぜこんなことをするのか、よく理解できない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)