「経済効果より夢」、復興に懸ける「スクラム釜石」の挑戦

「経済効果より夢」、復興に懸ける「スクラム釜石」の挑戦

釜石鵜住居復興スタジアム(アフロ)

■『釜石鵜住居復興スタジアム』

 7月27日、ラグビーワールドカップの前哨戦ともいえる「パシフィック・ネーションズカップ(PNC)2019」の開幕戦が、釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムで行われ、日本代表は世界ランキング上位のフィジー代表に34−21で快勝した。同会場はワールドカップの開催会場であり、津波の直撃を受け全壊した鵜住居小学校と釜石東中学校の跡地に建設された東北・釜石復興の象徴ともいえるスタジアムである。

 大会期間中、このスタジアムでは9/25「フィジー vs ウルグアイ」と 10/13「ナミビア vs カナダ」の2試合が予定されている。

 かつてこの地には大漁旗をなびかせファンを熱狂させた新日鉄釜石という社会人ラグビーの強豪チームがあった。無骨な男たちが1979年から7年連続日本一に輝き一時代を築いた。しかし、栄枯盛衰は世の習いで、会社もチームも時代とともに姿を変え、無骨な男たちはラグビー界の表舞台から静かに降りて行った。

 しかし……2011年3月11日の東日本大震災を機に、かつて釜石を元気づけた往年の名選手たちが中心となって、2011年5月4日ラグビーを通じた復興支援活動を行なうNPO法人「スクラム釜石」を結成した。目指すは釜石、岩手、東北の被災地の復興である。

 今回はその「スクラム釜石」発足時からメンバーとして活動するスポーツライターの大友信彦さんに設立の背景と釜石におけるワールドカップ招致の意義を語ってもらった。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)