村の子の繊細な感性がもたらしたアフリカの奇跡

村の子の繊細な感性がもたらしたアフリカの奇跡

? 2018 BOY WHO LTD / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE / PARTICIPANT MEDIA, LLC

雨が長いこと一滴も降らない。数年、あるいは数十年に一度の干ばつに襲われると、アフリカの土地は地割れを起こしたような無数のヒビが入り、いくら土を掘っても、指先に湿り気ひとつ感じることができない。

 やせ細った人々は日陰に身を横たえ、飢えをしのぎ、雨が来るのを、あるいはどこからか援助物資が届くのをひたすら待ち続ける。そして、焼けこげるような炎天下、ひとりふたりと弱い者から死んでいく。

 そんな干ばつの中、自転車の電灯をつけるダイナモや、ゴミ捨て場から拾ってきたモーターや歯車を利用して風力発電を起こした少年がいた。

 2000年代初頭、南部アフリカの旧英領、マラウィで実際にあった話を、その少年がジャーナリストとともに2009年、一冊の本にまとめた。

 「風をつかまえた少年 14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった」(文春文庫、ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー共著)。こう題された本は、日本を含め全世界でベストセラーになった。それを受け、ナイジェリア系英国人の人気俳優、キウェテル・イジョフォーが監督、脚本を手がけ、少年の父親役として出演する映画「風をつかまえた少年」(英、マラウィ製作、113分)を18年に完成させるに至った。

 2001年、家が貧しく中学も中途で辞めざるを得なかったマラウィの14歳の少年が飢餓寸前の暮らしにひたすら耐え、ついに畑にポンプで水をもたらす風力発電機を独自に作り上げる。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)