「嫌われ者」ロシアが繰り広げるイメージ戦略の限界

「嫌われ者」ロシアが繰り広げるイメージ戦略の限界

(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

昨今、ロシアによるサイバー攻撃や世論工作が、欧米を中心に話題となっている。ロシアは、中国と並びシャープパワーを行使する国として、米国からの非難の対象とされている国の一つだ。例えば、2016年の米大統領選への介入をはじめ、数々のサイバー攻撃や、ロシア国営メディア等による「プロパガンダ」活動に対し、警戒が高まっている。ロシア側は否定しているものの、これが本当なら、欧米社会にとって深刻な脅威である。そしてロシアの企ては、欧州における選挙でも発覚した。

■ロシアは、「最も深刻な脅威」

 2019年7月24日、米議会下院の公聴会において、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑、いわゆる「ロシア疑惑」について、モラー元特別検察官が証言したことで、これに対する捜査に加え、欧州でのロシアによる選挙介入等についても注目が集まっている。

 捜査を指揮したモラー氏は24日の公聴会で、「ロシア疑惑」捜査について、「ロシアの野党勢力による政権転覆を狙った試みであり、魔女狩りだ」とした公正性を欠いたトランプ大統領の主張には反論したが、同時に、「ロシアの手法を模倣する国も現れている」と、注意喚起した。

 ロシアのサイバー攻撃や世論工作は、非常に大規模で組織的な企てであるケースが多い。米国では、中国と並び、ロシアのサイバー攻撃や世論工作については、「過去に直面した脅威の中で最も深刻」とする見方が示されるほど、警戒感を強める問題である。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)