中国はいかに施設園芸大国の道を歩んできたか

中国はいかに施設園芸大国の道を歩んできたか

展示用の温室で栽培されているパパイヤ(新疆ウイグル自治区)

中国で大型ハウスは50%以上が赤字経営と言われる。にもかかわらず、もともと官主導で建設・運営されてきたこうしたハウスに、民間も参入するようになってきた。1980年代の終わりには生鮮食品の流通網すら整っていなかった国が、いかにして施設園芸大国になったのか。1990年代から中国の施設園芸の現場を見てきた研究者に聞いた。

■拡大の一途で面積は日本の46倍

 「私が最初に中国で日光温室を見たのは1995年。内モンゴルの砂漠の緑化を見に行ったら、日光温室(前回紹介した中国北部に多い簡易な温室『中国全土で砂漠・荒地が農地に変わる理由』)のフィルムを張っていない骨組みがあった。こういうものがあるのかと思った」

 こう語るのは、農研機構農村工学研究部門 農地基盤工学研究領域  農業施設ユニット契約研究員(元筑波大学大学院教授)の山口智治さんだ。1996年から日中の研究者が農業食糧生産を共同研究するプロジェクトに参加し、日光温室を研究した。主に東北3省(遼寧省、吉林省、黒竜江省)を見て回った。中国を訪れるたび、施設園芸の拡大ぶりを感じている。

 日光温室の特徴は省エネであること。フィルムを張った南側から光を取り入れ、北側に築いた厚い土塀で熱を貯める。外気温が下がると、天井から布団のような分厚い布を引き下ろして保温する。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)