漫画村、地面師、……フィリピンに邦人逃亡犯が巣くうワケ

漫画村、地面師、……フィリピンに邦人逃亡犯が巣くうワケ

身柄を拘束された国際逃亡犯が収容される入国管理局施設(写真・TAKEHIDE MIZUTANI)

フィリピンではここ半年で、日本を出国した「大物」の国際逃亡犯の拘束が相次いでいる。7月上旬には、違法コピーした漫画を掲載した海賊版サイト「漫画村」の運営者、星野ロミ容疑者(27)が、昨年末には、積水ハウスが地面師グループに土地購入代金をだまし取られた事件の主犯格、カミンスカス操(みさお)容疑者(当時59)がそれぞれ、フィリピン入国管理局に身柄を拘束された。

 フィリピンでは毎年、日本から逃れた国際手配犯が拘束され、その数は多い年で4〜5人ほど。日本の捜査関係者によると、常時、日本人の逃亡犯10人ほどが潜伏しているとも言われる。

 日本で話題を集めた他の国際逃亡犯は、元グラビアアイドルの小向美奈子(34)だ。2011年1月、覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で警視庁から逮捕状が出され、フィリピンへ高飛びして約1カ月潜伏していた。この間、各民放テレビ局は日本やバンコクから人員を多数送り込み、ホテルや飲食店への張り込みなど小向の足取りを連日徹底追跡した。

 六本木のクラブで男性客が撲殺された事件の主犯格、見立真一容疑者(40)は12年11月、インドネシアの首都ジャカルタからマニラ空港に到着したが、その後の足取りは7年近くが経過した現在も分かっていない。

 フィリピンにはなぜかくも邦人逃亡犯が巣くうのか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)