日朝間で水面下の動き?安倍首相は抑制的反応、北は非難避ける

日朝間で水面下の動き?安倍首相は抑制的反応、北は非難避ける

(3D_generator/gettyimages)

西日本を直撃した台風10号が日本海に抜けた8月16日朝、北朝鮮は日本海に向けて飛翔体2発を発射した。

 安倍首相は「わが国の安全保障に影響はない」と黙認に近い姿勢を示した、以前の激しい非難とは大きな違いだった。

 北朝鮮による一連のミサイル発射実験は7月以来、6回。この間、首相の抑制的な反応は一貫している。米韓合同軍事演習をけん制するのが狙いで日本が標的ではないとみられることや、トランプ米大統領が、ICBM(大陸間弾道弾)以外なら容認するという方針に大転換したことなどが背景にあるのかもしれない。

 しかし、先方の狙いはどうあれ、短距離ミサイルが日本に大きな脅威をもたらすことを考えれば「影響なし」というのは不可解というほかはない。

 何の思惑あってのことか。

 首相の最近の発言、北朝鮮が対日批判を控えていることなどを思い起こし、双方によるシグナルの交換、水面下での接触が何らかの形で進展していると推測すれば平仄が合うかもしれない。日朝関係の進展への動きが、表面化する可能性がある。

■一昨年のコメントとは雲泥の違い

 16日のミサイル発射はいずれも午前8時過ぎ、東部の江原道通川付近から強行された。高度30キロで、東方向に約230キロ飛行、日本海に落下した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)