インバウンドを直撃!韓国の「日本不買」今回はなぜ成果を上げたのか

インバウンドを直撃!韓国の「日本不買」今回はなぜ成果を上げたのか

ソウルのコンビニに並ぶ各国のビール。4本1万ウォンのキャンペーンから日本のビールだけ外されていた=8月13日、澤田克己撮影

7月に日本を訪れた韓国人が前年同月比7.6%減の56万1700人となった。今年に入ってからの韓国ウォン安を反映して1〜6月も3.8%減だったが、7月はさらに大きな落ち込みとなった。同月1日に発表された半導体素材の輸出手続き厳格化など規制強化への反発を反映したものだ。日本の地方都市を中心とした航空路線の縮小や休止も相次いでいる。韓国ではユニクロなど日本ブランドの売り上げも落ち込み、韓国人経営の日本食レストランにまで打撃は及ぶ。韓国での日本製品不買運動は過去25年間に4回の「不発の歴史」(『韓国の「日本」不買運動、不発の歴史』参照)を繰り返していたのに、今回はなぜ「成果」を挙げているのだろうか。

■日本ビールは実質的な大幅値上げ

 不買運動の影響については、すでに多く報じられている。輸入ビールの国別順位で今まで不動の1位だった日本が3位に落ち込んだとか、ユニクロが閑散としているといったものだ。中には商品の棚から日本ビールが消えたなどという報道もあったが、ソウルに来て確認してみると、商品棚から撤去した店が多いわけではなかった。

 ただコンビニの棚を見て、「これじゃ売れないわ」と思わされた。日本のビールだけ実質的に値上げされていたからだ。

 仕組みはこうだ。韓国のコンビニでは各国の多種多様なビールが販売されている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)