明治大学海野教授がラスベガスで見た民主党候補の弱さと、トランプの強さ

明治大学海野教授がラスベガスで見た民主党候補の弱さと、トランプの強さ

カマラ・ハリス上院議員と筆者(@ネバダ州ヘンダーソン)

今回のテーマは、「米民主党候補の集会とトランプ集会はどこがどう違うのか」です。米民主党大統領指名争いを戦っているカマラ・ハリス上院議員(西部カリフォルニア州)は8月3日、西部ネバダ州ヘンダーソンにある小学校で有権者を集めて対話形式のタウンホール・ミーティングを開催しました。ヘンダーソンはラスベガスから南東に車で約20分の位置にあり、退職をした多くの高齢者が住んでいる地域です。

 本稿では、まずハリス上院議員の集会とトランプ集会を比較します。次に、そこから見えてきた同上院議員の問題点とトランプ大統領のアドバンテージについて述べます。そのうえで、同大統領の「ウイニング・ストラティジー(勝利を収める戦略)」について説明します。

■ハリスの支持率

 ハリス上院議員に関しては、これまでに『「人種カード」の応酬で分断が進んだアメリカ社会』などで紹介をしてきました。ハリス氏は54歳で、カリフォルニア州において初の女性でしかも非白人の司法長官を務めました。

 保守系の米FOXニュースが8月16日に発表した世論調査を見ますと、米民主党大統領候補指名争いにおける各候補の支持率は、ジョー・バイデン前副大統領が31%、エリザべス・ウォーレン上院議員(東部マサチューセッツ州)が20%、バーニー・サンダース上院議員(東部バーモント州)が10%、次いでハリス上院議員が8%になっています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)