印パに混乱をきたすカシミール自治権剥奪

印パに混乱をきたすカシミール自治権剥奪

ジャンムー・カシミール州の首都・シュリーナガル
(tes/iStock Editorial/Getty Images Plus)

8月5日、インドのモディ政権は、72年間にわたって続いてきたカシミール政策を転換、ジャンムー・カシミール州の自治権を剥奪する決定をした。同州は、インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方におけるインドの実効支配地域である。

 カシミールは、かつて、カシミール藩王国の領土であった。1947年に英国のインドに対する植民地支配の終了とともにインドとパキスタンが成立、カシミール藩王国の旧領土は、3度にわたる印パ戦争と中印戦争を経て、インド、パキスタン、それに一部が中国の実行支配下にある。インドが実効支配するジャンムー・カシミール州は人口の大半をイスラム教徒が占めており、インドからの独立やパキスタンへの編入を求める分離主義者のテロ活動を生む背景となってきた。

 インドはこれまで憲法370条によりジャンムー・カシミール州に対して、一定の自治権を含む特別な地位を与えてきた。具体的には、防衛、外交、通信、金融の主要分野を除き、立法上の自治を認め、州が独自の憲法と旗を持つことを許容してきた。州外のインド人が同州において物件を購入することや、定住することも禁止している。これは、カシミールの歴史的な独自性をインドの民主主義の伝統に組み込む一方で、分離主義者の反乱とパキスタン由来のテロを拒絶することを企図していた。

 モディは、なぜこのタイミングでカシミールの自治権を剥奪する決定をしたのか。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)