印パに混乱をきたすカシミール自治権剥奪

関係国や関係住民の関心にある程度応え、関係者も尊重してきた秩序がなくなると、関係者はそれぞれ新しい事態にいろいろな対応をしてくるだろう。それがどういう結果につながるのかを見通すことは極めて困難であり、そのこと自体が情勢を不安定化することにつながる。

 今回の決定は、インドが占拠するカシミールのヒンズー化につながるものであり、地元のムスリム教徒がどう対応するか、パキスタンがどう対応するか、今後注意深く見ていく必要がある。さらに、パキスタンと「全天候型の戦略的協力関係」にある中国が、パキスタンの側に立って、どういう行動に出るかにも注意する必要がある。今のところパキスタンは、インドとの武力衝突は望まないとしている。しかし、核兵器保有国である両国の対立には、常に核戦争になる危険が付きまとう。 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)