中日の現場からもソッポを向かれる松坂大輔に明日はあるか



 たとえ一軍に上がったとしても昨季のような松坂特権≠ナ次の登板日まで大幅な間隔を空けなければならず先発ローテ―ションに固定できなければ、戦力として計算が立たない。それではチーム内で競争意識をあおっているはずなのに他の若手投手陣にも示しがつかないだろう。松坂一人だけに特別待遇を与え続ければ、チーム内にどんどん格差が生じていく。どうやら周辺の話を総合すると与田監督は松坂獲得にゴーサインを出した森繁和前監督(現シニアディレクター)と違い、このように考えているようだ。

 かつて松坂と西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)でバッテリーを組んだ伊東勤ヘッドコーチも「良き理解者」として助け船を出してくれそうな気もするが、現状を聞く限りそうでもない。

 チーム内で「ヘッドは思っていた以上にサバサバしていて、かなりドラスティックな人」という意見が浸透している通り、勝手知ったる関係だからといって松坂にひいき目で手を差し伸べようとする動きも皆無とのこと。

 第2回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で伊東ヘッドは同職を務め、当時投手コーチだった与田監督とも今のところ関係は良好で「すべて指揮官の意向に従う」との深い忠誠心を誓っていると聞く。同じく松坂も同大会で侍ジャパンのエースだったはずだが、その威光≠燉^田監督、伊東ヘッドにソッポを向かれているようでは残念ながら何のプラス材料にもなっていない。

 球団としては営業面を考慮した上でも人気者の松坂を来季以降、できることならば残留させたいはずだ。とはいえ、選手としての活躍が見込めなければそれも難しい。中日側の理想を言うとドラゴンズのユニホームを着たまま引退し、指導者の道を歩んでもらう流れだが、本人が現役を希望しているとあってはそのプランもご破算だろう。現場が「不要」の判断を下せば、今オフの退団は必至となる。

続きは WEDGE Infinity で

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)