文在寅政権は不正入試疑惑で揺らぐのか

文在寅政権は不正入試疑惑で揺らぐのか

゙国氏の法相任命強硬が文政権弾劾へつながるとは考えにくい(YONHAP NEWS/アフロ)

「私は文在寅(ムン・ジェイン)大統領を支持しているけれど、゙国(チョ・グク)氏の法相任命には反対だ。でも私の周囲には政権支持で、任命にも賛成という人ばかり。もう嫌になってニュースも見ないようにしているよ」

 文大統領が側近である゙氏の法相任命を強行した今月9日、ソウルの大学で社会学を教えている旧知の韓国人大学教授に電話すると疲れた声が返ってきた。もともと進歩派の人だから付き合っている人には政権支持者が多いのだが、゙氏の話題になると意見が合わなくて気まずい思いをするのだという。

 このひとことに韓国社会の現状は凝縮されている。私の知人のような人は少数派で、政権を支持する人たちば氏任命を歓迎し、不支持の人は反発する。8月末から9月上旬にかけて何回も行われた世論調査では、政権を支持する人の9割が任命賛成、不支持の人の9割超が反対という結果が続いた。゙氏の娘が大学や大学院に不正入学した疑惑に対して怒っている若者は多いけれど、その怒りを全国民が共有しているわけではない。

■朴槿恵弾劾の引き金は…

 日本のメディアでは「韓国世論は入試不正にとても敏感で、朴槿恵前大統領の弾劾にもつながった」と言われることがある。「だから今回も、もしかすると」と続くことも多い。文政権が早く終わってほしいという願望を込めての言葉のようにも見える。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)