広告コピーライトはAIにお任せ?

広告コピーライトはAIにお任せ?

(gmast3r/gettyimages)

AIの能力は着実に進歩している。カスタマーサービスにAIを使ったチャットボットを採用している企業は多いし、多くの場合AIに質問すれば望む回答が得られる。ある調査によると60%の人が「チャットのみで問題解決できた」と回答した、という。

 チャットができるなら当然文章も書ける。3年前にサンフランシスコで開催されたAIのコンフェレンスで「将来AIに置き換えられる職業」の中にジャーナリストが入っていて驚いたが、実際にAIによる記事作成を行っている新聞社は少なくない。

 例えばAP通信は3カ月ごとに4000を超える企業収益に関する報告記事をAIを使って発行している。企業収益を報告するだけの単純な記事ではあるが、人が書いた場合、3カ月ごとに発行できるのは300件が限界だったという。

 ワシントンポスト紙では「ヘリオグラフ」と呼ばれるAIを使い、高校スポーツなどについての記事を作成。また英国ではグーグルのデジタルニュースイニシアチブであるRADAR (Reporters and Data and Robots)が、政府発表の統計などを地方紙に供給しているが、これは人間が作ったテンプレートに沿って数字を的確にニュース文書化できる。

 これらの例を見ると、AIが作成する記事というのは数字などのデータを元にしたものが多く、テンプレートさえ出来ていればそこにデータから読み取った数字を入れ込み、定型型の記事として完成させる、というものが多い。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)