防衛ラグビーW杯開幕、仏軍を迎え撃つ自衛隊

防衛ラグビーW杯開幕、仏軍を迎え撃つ自衛隊

防衛ラグビーW杯開幕、仏軍を迎え撃つ自衛隊の画像

ラグビーW杯の開幕より一足早く、開催国日本で各国軍隊によるもうひとつのラグビーW杯が始まった。週末には自衛隊の日本代表ディフェンスブロッサムズが前回大会3位の強豪フランス軍と戦った。

 「いい試合じゃダメなんですよ。勝たなければなりません」

 取材中複数の関係者から同じ言葉を聞いた。開催の目的は各国の防衛交流であり友好を深めることだ。しかし、開催国であり自衛隊の威信を懸けた戦いだけにその重圧から出る言葉なのだろう。

 今年5月25日のコラム「もうひとつのラグビーW杯、楕円球が繋ぐ戦士の絆」で紹介した『国際防衛ラグビー競技会2019』が開幕し、9月15日、自衛隊の日本代表ディフェンスブロッサムズが前回大会3位のフランス軍と対戦した。

 試合会場となった習志野演習場グラウンドには1300人もの観客が集まり、一発のタックル、一本のスクラムに歓声を上げ国際大会としての雰囲気を盛り上げた。

 風上に立った前半はスクラムやラインアウトのセットプレーの安定に加え、キックとラン攻撃により敵陣での展開を優位に進めた。先制したのはディフェンスブロッサムズだ。フランスの反則からペナルティゴール(3点)を決め良い流れを掴んだかに見えた。

 しかし、その後、何度かフランス陣ゴール前に攻め込み、フォワードがラック(密集戦)を連取するも、あと一歩及ばずハンドリングエラーやペナルティでフランスボールへ……。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)