EUの支持が左右するイタリア新連立政権

EUの支持が左右するイタリア新連立政権

(vidalidali/iStock / Getty Images Plus)

イタリアでは「五つ星運動」と「同盟」という左右のポピュリズム政党が連立を組んでいたが、「同盟」が早期総選挙をもくろんで、8月上旬に五つ星との連立解消を主張して内閣不信任案を提出し、「同盟」と五つ星運動の連立政権は崩壊した。いずれにも属さない学者出身のコンテ首相は辞表を提出していた。

 ところが、「同盟」の目論見通り早期総選挙とはならず、五つ星運動と民主党との間で新たな連立政権を作る作業が進み、8月29日にセルジョ・ マッタレッラ大統領はコンテに組閣を要請、9月5日に五つ星運動と民主党の連立政権が正式に成立した。過去73年で67番目の政権となる。こういう展開、ましてやコンテが再登板しようとは、全く予想外の結果である。抜き打ち選挙を仕掛けたサルヴィーニ(「同盟」代表。前政権では副首相兼内相)は一敗地にまみれたが、両党が連立を組む可能性は計算に入っていなかったに違いない。

 選挙に突入してサルヴィーニに勝たせることを避けたい両党の思惑が一致したのであろう。しかし、両党は反目しあってきた間柄である。五つ星運動にとって過去の民主党政権は腐敗した機能不全の政権であった。他方、民主党は五つ星運動を統治能力に欠ける田舎者と見ている。従って、両党の連立は便宜的な結婚に他ならない。それでも、財政規律や移民問題でEUにあからさまに反抗するサルヴィーニ率いる極端な政権が出来るよりは良い。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)