新人王にふさわしいのはヤクルト・村上か、阪神・近本か

新人王にふさわしいのはヤクルト・村上か、阪神・近本か

(eamanver/gettyimages)

今年のセ・リーグ新人王投票、ヤクルト・村上宗隆、阪神・近本光司のどちらに一票を投じるべきか。プロ野球のシーズンが大詰めを迎えた最近、投票資格を持つ記者やアナウンサーとの間で、よくそんな話になる。

 村上は2017年秋、ドラフト1位で九州学院からヤクルト入りした2年目の長距離砲だ。打率こそ2割台前半ながら、30本塁打、90打点を上回る長打力と勝負強さを発揮。西武・清原和博が1年目の1986年にマークした31本塁打を超えたばかりか、西鉄(現西武)・中西太が53年に残した高卒2年目以内最多本塁打記録36をも凌駕する勢いでファンを沸かせた。

 2年目でも新人王に選ばれることが可能なのか、と疑問に思われる向きもあるかもしれない。NPB(日本野球機構)では新人王の有資格者をこのように定めている。

 海外でのプロ野球経験がなく、初めて支配下登録されてから5年以内、打者は前季終了時の一軍打席数が60打席以内(投手なら前季終了時で一軍登板が30回以内)。村上は1年目の昨季、14打席しか立っていないから、この条件にしっかり合致しているわけだ。

 ちなみに、昨季は僅か1安打ながら、その1安打がプロ野球史上64人目の初打席初本塁打。そのときから、「来年はシーズン頭から使えば新人王を狙える」と、ヤクルトやマスコミ関係者の間でもっぱらだった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)