Nスペ「2019ラグビーW杯」シリーズ・“世界最強”神髄に迫る

Nスペ「2019ラグビーW杯」シリーズ・“世界最強”神髄に迫る

Matrosovv / gettyimages

2019年ラグビーW杯が9月20日に開幕して列島に熱狂が広がっている。NHKスペシャルはこの大会をきっかけとして、ラグビーの魅力をシリーズで取り上げようとしている。第1回「“世界最強”神髄に迫る」(22日)は、史上初の3連覇に挑戦する、ニュージーランドのオールブラックスと、ライバルのオーストラリアチームを中心にすえて、最強チームの強さを掘り下げた。

 前回大会で、世界ランキング3位の南アフリカを破って「史上最大の番狂わせ」をもぎ取った日本は、今大会で予選リーグを勝ち上がってベスト8の期待がかかる。これまでのオリンピック・パラリンピックやサッカーW杯の報道を顧みれば、日本の勝ち負けにこだわるあまり、歓喜と落胆ばかりが目立ったのではなかったか。

 競技自体のルールや基本的な技術、競技が持っている精神について、ていねいに報道した番組は少なかったように思える。その意味では、今回のNスペのシリーズは異彩を放っている。

 ラグビーは、試合が終了する「ノーサイド」となると、対戦チームがそれぞれをたたえ合う。互いに握手を交わす。「リスペクト」の精神が根底に横たわっている。発祥の地であるイングランドで、紳士のスポーツあるいは、かつては上流階級のスポーツといわれた由縁である。

 番組のなかで、前大会で正確なキックの成功率を誇った、五郎丸歩が南アフリカを破った直後のことを振り返った。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)