台湾映画「バオバオ」主演の日本人俳優が語る台湾の同性婚問題

台湾映画「バオバオ」主演の日本人俳優が語る台湾の同性婚問題

?Darren Culture & Creativity Co.,Ltd.

今年5月、アジアで初めて同性婚が合法化された台湾。映画でも、性的マイノリティ(LGBT)問題が絡んだ作品が多く制作され、『藍色夏恋』『GF*BF』など商業的な成功を納めたものも少なくない。その台湾で2018年に公開されて話題を呼んだ映画「バオバオ フツウの家族」(原題『親愛的卵男日記』、謝光誠監督)が9月末から日本で上映が始まる。

 本作は、結ばれた同性カップルが「出産」や「子ども」という「次」の問題にどう向き合うかをテーマとしている。同性婚が一般化したあと、その次に考えることになる「妊活」の問題を見据えた作品である。

 物語の舞台はロンドンと台湾。ジョアンとシンディ、チャールズとティムという、それぞれゲイとレズビアンの2組の同性カップルが知り合い、子供を持ちたいという願望から物語が動き出す。

 お互いが望んでいる「子ども」のために協力するのだが、次第に予想外の事態に巻き込まれ、傷つきながら、あるべき「家族」の姿を模索していくというストーリーだ。同性カップルにとっての「妊活」の意味と難しさを問いかける内容となっており、台湾の同性婚合法化で日本でもこの問題への関心が高まるなかでの上映というところは、非常にタイムリーである。

 この作品でゲイカップルの1人を演じているのは、台湾を拠点に東アジアで活躍する日本人俳優の蔭山征彦さん(43)だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)