キリマンジャロ登山は欧米文化、少年ガイドの刻苦勉励

キリマンジャロ登山は欧米文化、少年ガイドの刻苦勉励

高度4000M付近を進むポーターの隊列

(承前)9月17 日。午後3時頃キャンプ地に到着すると先行したコックとポーターにより既にテントが設営されていた。そしてテントの入口の日除けの下にテーブルと椅子がセットされていた。我々が到着するとポーターが3つの洗面器にお湯を入れて恭しく持って来た。手と顔を洗う。

 テーブルに座って雑談していると、コックがポットに入れたお湯を持ってきてティータイムだという。驚いたことにテーブルにテーブルクロスを掛けて紙ナプキンも置いた。

 コーヒーの入ったポット、カップ、砂糖、ミルク、ティーバッグ、ビスケットなどが運ばれてくる。ミルクは温めてあり英国式ティータイムである。

 夕食では最初にスープが運ばれ、パン、サラダ、そしてメインディッシュとなる。メインは肉料理である。毎度毎度かなり手間暇かけた料理が供された。日本の山小屋メシとはだいぶ様子が違う。

 キャンプ地の他のパーティーの食事風景も同様だ。隣のオーストラリア人の10人の中高年男女のグループでは大きなテントのなかに長方形のテーブルを設えて晩餐会のような雰囲気であった。

 19世紀のスタンレー、リビングストンの時代から欧州列強の植民地時代にわたり西洋式食事作法を移植していったのだろう。

■標高4700Mまではノンビリ山歩き

 2日目は約4時間歩いて標高3400Mでキャンプ、3日目は3時間弱歩いて3900Mのキャンプ地まで登る。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)