連続Vで地獄から復活の大坂なおみ、米メディア注視のAマッソ失言

連続Vで地獄から復活の大坂なおみ、米メディア注視のAマッソ失言

(AP/AFLO)

女王の完全復活だ。テニスの中国オープン・女子シングルス決勝(6日・北京)で世界ランキング4位の大坂なおみが現世界1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)を下し、大会初優勝。9月の東レ・パンパシフィック(大阪)に続き、日本女子としては史上初となる出場2大会連続優勝の快挙を成し遂げた。

 9月に自らと入れ替わって世界1位となったバーディーと新旧女王対決になり、第1セットこそ奪われたものの第2、最終セットを制して逆転勝利に結び付けた。これで7日発表の世界ランキングでは3位へ浮上することにもなった。

 前夜の準々決勝では世界6位のビアンカ・アンドレースク(カナダ)とも対戦。2018年の全米オープン・女子シングルスを制している大坂は、今年の全米オープンですい星のように現れて一気に頂点へとかけ上がった19歳のアンドレースクを相手に2時間14分もの激戦を繰り広げると、最後まで集中力を切らさず逆転で白星をもぎ取っている。

 この準々決勝では全米女王対決としても注目された中、ツアー17連勝中と勢いに乗るアンドレースクに土をつけた。そして決勝でも世界1位のバーディーに前夜の激闘の疲労から思うように体が動かずに苦しめられながらも我慢のプレーから相手のミスを引き出し、ストローク戦の展開で最後は逆転勝ち。強敵たちを相手に抜群の運動能力を発揮した上、特に準々決勝以降はセットダウンでもいら立ちを見せることなく終始冷静さを貫いていたのが印象的だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)