LA空港がライドシェア締め出した理由

LA空港がライドシェア締め出した理由

(Thinkstock/gettyimages)

ロサンゼルス国際空港(LAX)が今年10月29日より、これまでターミナルの前に乗り場を設けていたウーバーやリフトなどのライドシェアサービスの空港内への乗り入れを禁止する、と発表した。これにあおりを受ける形で一般のタクシーの乗り入れも禁止となる。

 今後LAXに到着し、タクシーやライドサービスを必要とする乗客は、ターミナル前からシャトルバスに乗り、指定されたLAX-itと呼ばれるパーキングまで移動、そこからライドシェアやタクシーなどに乗り込むことになる。

 この背後にあるのは全米でも最悪と言われる同空港の混雑だ。LAXは大都市には珍しく、市街地の中に位置している。しかし、それがゆえに拡張が困難で、増え続ける乗客に対応しきれていない。同空港の利用者数は2010年には5900万人だったが、18年には8750万人にまで増加した。乗客の流れをスムーズにするためにターミナル改装などが行われたが、そもそもターミナルに到達するのが一苦労、というのが現状だ。

 LAXはU字型に各社のターミナルが1から7まで配置され、その内側に車道、中央に駐車場、という構造になっている。車道には駐車場を利用する一般客、送迎車両、さらにレンタカーやホテルなどのシャトルバス、長距離バス、ライドシェアにタクシーが乗り入れ、常に大混雑の状態だ。ピーク時にはこのU字型の道を一周するのに一時間近くかかることも珍しくない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)