バレーボールW杯の報道少なさに指摘 背景にフジテレビの独占放送か

バレーボールW杯の報道少なさに指摘 背景にフジテレビの独占放送か

記事まとめ

  • バレーボールW杯は、ラグビーW杯の日本代表快挙の陰に隠れているという
  • 木村沙織氏の様なスターが不在という事もあるが、フジテレビの独占放送を指摘する声も
  • 映像権等の諸問題から他局が扱いづらいといい、報道を敬遠する理由となっているよう

ラグビー日本快挙の陰に隠れるバレーボールW杯、ジャニタレ依存のツケ

ラグビー日本快挙の陰に隠れるバレーボールW杯、ジャニタレ依存のツケ

男子バレー日本代表(坂本 清/アフロ)

日本の底力を見せつけた。ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表は13日、1次リーグA組最終戦・スコットランド戦(横浜国際競技場)に臨み、28―21で勝利。史上初の決勝トーナメント進出を果たした。強豪を次々と下すと予選プールで4戦全勝を果たし、堂々の1位突破。アジア勢で初の8強入りも成し遂げ、世界中を驚かせた。もうジャイアントキリングとは呼ばれないだろう。

 試合前に台風19号による甚大な被害を受けた被災地へ黙とうを捧げ、必勝を誓った。この歴史的快挙達成によってフィフティーンは未だ深い爪痕を残す日本に力強い勇気も与えたはずだ。

 その一方、もう少しクローズアップされなければいけない別の日本代表チームがいることも忘れてはいけない。日本で行われている男子バレーボール・W杯(FIVBワールドカップ)に参戦中の日本代表だ。世界ランキング11位の日本は同8位のイランと13日、広島グリーンアリーナで対戦し、セットカウント3―1で下して史上初の5連勝。「アジア最強」の相手から白星をつかんで大会通算7勝2敗とし、1991年大会以来28年ぶりの4位以内が確定した。他力ながらも42年ぶりのメダル獲得へ望みをつないだのだから、もっと注目度が上がってもいいのではないか――。そう思ったのは私だけではないはずだ。

 ちなみに女子バレーボール・W杯も男子大会が行われる直前の9月14日から9月29日まで開催され、日本代表は6勝5敗の5位に終わっている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)