介護士不足なら介護保険料の値上げを覚悟すべき

介護士不足なら介護保険料の値上げを覚悟すべき

(itakayuki/AFLO)

介護士不足なのであれば、介護保険料を値上げして介護士の待遇を改善するしかないので、国民は負担増を覚悟すべきだ、と久留米大学商学部教授の塚崎公義は説きます。

■労働力不足は賃金が均衡賃金を下回った結果

 介護士不足が深刻なようです。単に給料の低さのみならず、仕事のキツさ等も関係している模様ですが、筆者は介護の業界には詳しくありませんので、本稿では単純に「キツい仕事に見合った賃金を払うべきだ」という賃金の問題として考えることにします。

 一般論として労働力不足というのは賃金が適正な水準より低い場合に起こります。適正な水準というのは、需要(求人数)と供給(求職数)が一致するような水準のことで、これを均衡賃金と呼びます。

 一般の産業が労働力不足である主因は、その産業の経営者が正しく均衡賃金を認識していないことでしょうから、経営者が判断の誤りに気付いて高い時給で求人を出し直せば良いのでしょう。

 しかし、介護の場合は、介護施設の収入が決まっているので、経営者が事態を改善するのは困難です。広く国民が介護保険料を支払い、それが介護施設に配分され、その中から介護士の給料が払われるからです。

■やりがい搾取を許すべからず

 介護士が不足している理由が介護士の給料が安すぎることならば、給料を上げる必要があるでしょう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)