死を恐れぬ香港人、なぜ背水の陣を敷いたか?

死を恐れぬ香港人、なぜ背水の陣を敷いたか?

人影まばら、香港国際空港到着ロビー(筆者撮影、以下同)

デモ・騒乱が続く香港を一度この目で確認したくて香港行きの飛行機に乗り込んだ。10月19日、クアラルンプール早朝発のエアアジア便は、昼前の11時に香港国際空港に到着。空港ターミナルは人影まばら、いつもの2割以下という感じ。観光業への打撃はやはり深刻だ。

 ホテルは銅鑼湾(コーズウェイベイ)駅前のリーガル香港。メイン道路とビクトリアパークの一部を見下ろす部屋を確保。集会やデモの集合出発場所だけに、都合が良い。客室から望遠レンズを使わなくても、ある程度のバードビュー写真が撮れる(結局今回の大規模デモは、九龍側だった)。

 ちなみにホテルは激安。香港はとにかくホテル代が高い。銅鑼湾の一等地にあるリーガルはいつもなら1泊2000〜3000香港ドルもするが、今回は半額以下。しかも部屋をアップグレートしてくれた。結論から言ってしまうと、香港の街はいたって安全。単純な観光目的なら、デモや集会情報を確認し、その時間とその場所さえ避ければ、何の問題もないし、むしろ観光客の少ない今がチャンスなのかもしれない。

■「香港人、加油」が「香港人、反抗」に変わった

 部屋に荷物を降ろしたら、すぐに出かける。向かうは九龍・旺角(モンコック)にある「六四記念館」。

 天安門事件の資料を展示するこの記念館は、2014年に別の場所でオープンしたが、ビルの管理組合の反対などで閉館に追い込まれていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)