スペイン観光業界に大打撃、英老舗旅行会社が経営破綻

スペイン観光業界に大打撃、英老舗旅行会社が経営破綻

9月に経営破綻した世界初の旅行会社「トーマス・クック」(REUTERS/AFLO)

創業178年の英老舗旅行会社「トーマス・クック」が9月23日、経営破綻した。トーマス・クック・グループは、最大株主の中国投資会社「復星国際」から9億ポンド(約1186億円)の救済資金を得ていた。しかし、事業の継続を不安視する大手株主や主要取引先銀行から2億ポンドの追加資金を求められ、それに対応できず救済交渉は不成立、9月に破産申請へと至った。

 この経営破綻により、もっとも深刻な被害を受けたのが、年間8200万人の外国人観光客が訪れる世界第二位の観光大国スペイン。同国はトーマス・クックの最大の市場であり、年間2200万人の利用客のうち700万人がスペインへの旅行客だ。トーマス・クック傘下の航空会社の営業停止により、スペイン行きの123万席がキャンセルされた。

 中でも、人気リゾート地のテネリフェ、ラスパルマスなどのカナリア諸島や、イビサ、マジョルカ島のあるバレアレス諸島には、年間400万人の観光客がトーマス・クックの航空便を利用し、訪れていたが、倒産直後、89万席の予約キャンセルが発生した。

 スペイン航空協会のハビエル・ガンダラ会長によると、10月末から来年3月末までの5カ月間で、「トーマス・クックは、スペインに65万席を追加で提供する見通しだった」と述べた。

 航空便による観光客減少のみならず、老舗グループが提携するホテル業界も先行きが暗い。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)