弁護士や医師まで香港デモを支援している理由とは?

弁護士や医師まで香港デモを支援している理由とは?

10月20日香港・九龍で行われるデモ現場(筆者撮影、以下同)

■暴力が是認されている?穏健派と過激派の不思議な関係

 香港デモの参加者は、穏健派である「和理非派」(平和・理性・非暴力の頭文字を取った名前)と過激派にあたる「勇武派」に分かれている。異なる理念や立場から対置される両派はいささか対立しているかのように思われがちだが、事実はどうであろうか。

 香港中文大学とジャーナリズム・コミュニケーション学院が実施した『反「逃亡犯条例」運動現場調査』(2019年6月から8月まで合計12回のデモ現場アンケート調査)のデータ(抜粋)を引用して説明したい。

▼ 回答者分類

 (1) 学歴:大卒以上77.8%

 (2) 階級:中産階級58.8%、下層階級33.2%

 (3) 政治的立場:香港本土派39.5%、温和民主派35.1%、急進民主派9.4%

▼ デモの後続行動について

 デモをエスカレートさせる=54.1%

 現状維持・デモの定期化=38.7%

 運動の一時中止・社会回復=1.9%

▼ 平和・理性・非暴力デモはすでに機能しなくなった。

 そう思う=42.1%

 そう思わない=32%

▼ 平和な集会・デモと急進的過激行動の交互実施による相乗効果の最大化

 強く賛成=65.7%

 賛成=22.8%

 反対=1.7%

 強く反対=0.2%

▼ 民意に耳を傾けない政府に対する過激な行動を理解できる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)