野球国際大会「プレミア12」が盛り上がっていない理由

野球国際大会「プレミア12」が盛り上がっていない理由

(ericb007/gettyimages)

いまひとつ盛り上がっていない。野球の国際大会「第2回WBSCプレミア12」のことだ。日本代表・侍ジャパンも今大会に参加し、1次リーグB組が行われる台湾で最終調整に励んでいる。5日のベネゼエラ戦からスタートし、6日にプエルトリコ、7日には台湾と戦う。この1次リーグで上位2チームに入れば、日本で行われるスーパーラウンドへ進出することになるが、侍ジャパンの面々からは現状で「何が何でもやってやるぞ」というような威勢のいい言葉があまり飛び出していないように思える。そんな空気感を察しているからこそ世の中の人たちもあまり興味が沸かないし、どうしても話題になりにくいのだろう。 

 今大会は参加する国々にとって東京五輪出場権をかけた戦いでもある。だが侍ジャパンは開催国のため東京五輪への出場はすでに無条件で決定済み。だから他の参加国に比べて重圧は圧倒的に少なく、今大会を制覇する意義についてもやや見つけにくい。ホスト国として「プレ東京五輪」の今大会で優勝し、来年夏の金メダル奪取に弾みをつける――。チームを率いる稲葉篤紀監督はこうしたテーマを代表メンバーの面々に掲げながらプレミア12初制覇を目指しているが、気の毒なことに笛吹けど踊らずの感が否めない。

 NPB(日本野球機構)が母体となって侍ジャパンを引っ張っていながら特に今大会に関しては、プロ野球セ・パ12球団すべてから後押しを受け切れていない状況も大きなマイナス要素になっている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)