日本語学校で横行する留学生「強制送還」の闇

日本語学校で横行する留学生「強制送還」の闇

(Favor_of_God/gettyimages)

7月16日正午過ぎ、ブータン人留学生のダワ君(仮名・20代)は、疲れた身体でアパートの布団に横たわっていた。宅配便の仕分け現場での夜勤アルバイトから戻り、2時間ほど前に眠ったばかりだったのだ。

 「ダワ!」

 名前を呼ばれて目を覚ますと、ルームメイトのタンディン君(仮名)が暗い表情で、部屋の入り口に立っていた。彼は同胞の留学生4人でシェアするアパートの住人の1人だ。ダワ君は布団から起き上がって尋ねた。

 「ビザは更新できたのか?」

 タンディン君は今朝、留学ビザの更新結果を聞くために、在籍する日本語学校へと出かけていた。

 「いや、ダメだった。ブータンに帰ることになった……」

 「えっ!」

 驚いて部屋から出ると、台所に4人の日本人の姿があった。ダンディン君が通う日本語学校の職員たちである。

 (強制送還だ!)

 ダワ君は一瞬で悟った。彼の周囲では、ブータン人留学生たちが日本語学校によって強制送還されるケースが相次いでいたからだ。

 外国人の「強制送還」には、入管当局が不法残留者を捕まえ、母国へと送り返すイメージが強い。しかし最近、日本語学校が在籍する留学生を強制送還することが増えている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)