松坂大輔の西武復帰がこんなに遅れた理由

松坂大輔の西武復帰がこんなに遅れた理由

(eric1513/gettyimages)

元怪物の古巣復帰が決定的となった。埼玉西武ライオンズが松坂大輔投手の獲得調査を進め、今月中にもオファーを出す方針という。水面下では両者の間でほぼ合意しているとの情報もあり、松坂は14年ぶりにライオンズのユニホームに袖を通すことになりそうだ。

 メジャーリーグで活躍し、2015年から9年ぶりに日本プロ野球界へ復帰。最終的には福岡ソフトバンクホークス入りを果たしたが、その際もメディア報道の間では国内復帰先として古巣・西武の名前が挙げられていた。しかし噂話が先行しただけで結局、獲得に名乗りを上げることはなかった。当時、松坂の獲得にゴーサインが出なかったのは親会社・西武ホールディングス(西武H)の意向だったとも言われている。

 企業コンプライアンスの遵守に厳格な同社は、かつて「西武王国」を築き上げたものの失脚した西武鉄道グループ元オーナー・堤義明氏と完全に袂を分かっている。その堤氏が全盛を極めていた1998年のドラフトにおいて西武は1位指名で3球団競合の末に「平成の怪物」の入団交渉権を獲得した。横浜高校のエース・松坂だ。

 堤氏の秘蔵っ子とささやかれるほどの寵愛を受けながら、入団後の松坂は球界を代表する大投手へと成長。こうした経緯があることから西武Hの幹部間には松坂を堤一派≠ニ見る向きもあり、ここまで古巣復帰に対しては長らく消極的だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)