アリーナ・ザキトワが事実上の競技活動休止を表明 引退は否定も、ネットでは困惑の声

アリーナ・ザキトワが事実上の競技活動休止を表明 引退は否定も、ネットでは困惑の声

記事まとめ

  • フィギュア女子で平昌五輪金メダリストのザキトワが事実上の競技活動休止を表明
  • 13日にTVで、ロシア選手権を欠場し「新たな自分を探すことになる」と語った
  • インスタでは引退否定し、競技活動休止の解釈についても否定したが、ネットでは困惑も

「ザキトワ引退騒動」に垣間見えるロシアの闇

「ザキトワ引退騒動」に垣間見えるロシアの闇

(Raniero Corbelletti/AFLO)

フィギュア界に衝撃が走った。フィギュアスケート女子で2018年平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザキトワが事実上、競技活動の休止を表明したからだ。母国ロシアはもちろんのこと日本でも人気は高く、世界中の人たちが17歳女王の決断をなかなか受け入れられずに困惑している。

 13日、ロシアの政府系テレビ「第1チャンネル」の番組に出演。今月下旬に開催されるロシア選手権を欠場し「新たな自分を探すことになる」と口にすると、今は大学入学のための国家統一試験に向けて勉強中であり、体育大学進学から将来的にはコーチ就任を目指していく方向性も明かした。今後も練習は続け、アイスショーに出演していくとのことだが、当面は第一線から離れるとみられている。

 15日には自身のインスタグラムで「引退」を否定。今もロシア代表として国際大会に出場できる立場を強調し、引退宣言とも受け取られている空気に釘を刺した。本人からの発信に胸を撫で下ろした人も多いようだが、まだ安心はできないだろう。インスタグラム上では自身が母国のテレビ出演で表明し、世界中のメディアで報じられた「競技活動休止」の解釈についても否定したことでネット上では「?」が漂う事態になっている。

 ただ、話を総合すれば、やはり本人としては「現役」の意識を持ち続けながらも競技会への参加を一時的に停止し、表舞台から一旦離れたところからすべてを見つめ直した上でリンク復帰を目指すつもりなのだろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)