石炭王「ボブ・マリー」消えていくトランプ支持層

石炭王「ボブ・マリー」消えていくトランプ支持層

ボブ・マリー氏(REUTERS/AFLO)

米国でエネルギー産業に携わる人間であればボブ・マリー(Robert E. Murray ※ロバートは通常「ボブ」と呼ばれ、私もボブと呼んでいた)を知らないことはないだろう。16歳で炭鉱労働者として働き始め7000名の従業員を抱える米国第4位の生産量を誇る石炭会社の経営者になった、アメリカンドリームを体現した人物だ。年金基金への拠出など炭鉱労働者支援に力を入れていることでも知られている。

 彼の会社マリー・エナジーが米国有数の石炭会社になったのは、買収に次ぐ買収を重ねてきたからだ。私も米国での投資事業について議論するため数度会ったことがある。彼は積極的な投資を行う人物として著名であり新規開発案件への投資検討のため面談したが、事業は実現にはいたらなかった。

 最近、彼はトランプ大統領の有力支持者の一人としてマスメディアに登場することも多かった。ニューヨークタイムズ紙によると、トランプ大統領が打ち出した石炭産業支援策は、ボブ・マリーの要求が基になっているとのことだ。

 しかし、大統領の支援策にもかかわらず、シェール革命により生産量が増え価格が下落した天然ガスとの競争に敗れ、さらに政策支援を受けた再生可能エネルギーの導入増もあり、石炭の生産量は減少を続け、マリー・エナジーも日本の会社更生法に相当するチャプター・イレブン申請に追い込まれた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)