金融業界で最も給与が高い職業がAIに代わられる危機

金融業界で最も給与が高い職業がAIに代わられる危機

(Feodora Chiosea/aflo)

AIは様々な職業に置き換わるものとして注目されている。特に単純業務は近い将来8割の仕事がAIによってこなされるようになる、という見通しもある。例えば米国の銀行では大型スクリーンを備えたキオスクだけが並んでおり、窓口業務がほぼなくなっているところもある。出入金、振込などの単純業務はキオスクで済ませ、融資などの相談のみ窓口で受け付ける、というシステムだ。

 もちろん高齢者など、預金も窓口を通すことを好む顧客も存在するが、銀行によっては預金額に応じて1カ月に窓口を利用する回数が定められているところもある。そう遠くない将来、窓口はすべて有料化になるかもしれない。

 単純業務はこの他ファストフードの注文、ときにはレストランやバーの調理、デリバリーでもAI化が目立つようになった。一般企業でもAIによるチャットボットでカスタマーサービスを行うところが増えてきた。多くの場合、8割の顧客相談はチャットボットで解決できる、という。

 しかし、AIが活躍できるのは単純業務にとどまらない。米国ではロサンゼルス・タイムズやワシントン・ポストといった大新聞でもAIによる記事作成が進んでいる。現時点では株価の動き、地域スポーツの結果、などの比較的パターン化された記事が多いが、AIの文章作成能力は日々進化しており、より内容が複雑な原稿もAIが作成する日が来るかもしれない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)