“ネイティブアメリカン虐殺”で切り返すエルドアン氏、米議会に猛反発

“ネイティブアメリカン虐殺”で切り返すエルドアン氏、米議会に猛反発

(CoreyFord/gettyimages)

トルコのエルドアン大統領は15日、米議会がオスマン帝国末期のアルメニア人大量虐殺を認定する決議を可決したことを非難、トルコ議会も米先住民(ネイティブアメリカン)が過去何世紀かに虐殺されたことを“報復認定”するかもしれないと猛反発した。米議会はトルコのシリア侵攻やロシア製兵器の購入を問題視、対トルコ制裁の動きを強めており、両者の対決は一段と激化してきた。

■米軍使用の基地を閉鎖すると警告

 エルドアン大統領の過激な発言は米議会で急速に高まっている反トルコの動きに苛立ちを表したものだ。大統領が反発した直接のきっかけは上院外交委員会が12月11日、トルコによるロシアからの防空システムS400の購入とシリア侵攻に対し、制裁法案を可決したことだ。

 さらに上院本会議は翌日、トルコの前身オスマン帝国によるアルメニア人の殺害事件について「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定する決議案を全会一致で可決した。下院も10月下旬、上院に先立って同様の決議案を可決し、教育などを通じて虐殺を否定する言動に反対していくことを決議案に盛り込んだ。

 このアルメニア人虐殺に関する決議は最近のトルコの行動に反対するシンボリックなものだ。しかし、トルコにとっては琴線に触れられた格好となり、オスマン帝国の栄光の復活を望むエルドアン大統領には我慢がならなかったようだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)