EU新体制が対抗すべき中国の「一帯一路」

EU新体制が対抗すべき中国の「一帯一路」

(Sziban/iStock / Getty Images Plus)

12月1日、欧州連合(EU)は新体制に移行した。欧州委員会の新委員長には、ドイツのフォン・デア・ライエン前国防大臣を迎えた。初の女性委員長となる。EU新大統領にはミシェル前ベルギー首相が就任した。同日、EUは、基本条約である「リスボン条約」10周年を、新体制の発足とともに祝った。が、この10年間でEUは果たして世界的により強固な存在になったのだろうか。実際、この10年間で、世界的に最も急速に台頭し、米国に挑戦するまでの大国になったのは、中国である。

 この中国と欧州との関係について、英フィナンシャル・タイム紙コメンテータ-のマーティン・サンドブが、11月27日付の同紙で、欧州は中国から「一帯一路」などの挑戦を受けており、これに対抗するには野心的なビジョンを打ち出し、実行する必要があると述べている。

 中国は「一帯一路」を通じて、自らを中心とする経済ネットワークを欧州にも広げようとしている。このような中国を、欧州は「体制上のライバル(systemic rival)」と考えている。フランスのマクロン大統領は、欧州は米中の狭間で地政学的に消え去る恐れがあると警告し、EUのフォン・デア・ライエン新委員長は、そうならないように約束すると述べた。 欧州の指導者が世界の中の欧州の地位や役割について危機感を抱いているのは間違いない。

 「一帯一路」については、すでに2012年に中国と中・東欧16か国の経済協力の枠組み「16+1」ができていたが、2019年4月にギリシャが加盟したことで「17+1」となった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)