中国意識しインド太平洋の安全保障を強化する日印

中国意識しインド太平洋の安全保障を強化する日印

mantinov/iStock / Getty Images Plus

11月30日、ニューデリーで、初の日本とインドとの外務・防衛閣僚会合(「2+2」)が開催された。日本側からは茂木敏充外務大臣及び河野太郎防衛大臣、インド側からはスブラマニヤム・ジャイシャンカル外務大臣及びラージナート・シン国防大臣が出席した。会合の後、「第1回日印外務・防衛閣僚会合 共同声明」が発出された。概要を以下に紹介する。

・日印両国間の安全保障協力を推進する。主権及び領土保全の原則が保証され、全ての国が航行及び上空飛行の自由を享受できる自由で開かれ、包摂的で法の支配に基づいたインド太平洋地域の平和と繁栄に資する。

・二国間の防衛協力を深化させる。防衛当局間の日印共同訓練を定期的に実施 する。日本における初の日印戦闘機共同訓練に向けた調整を進める。

・物品役務相互提供協定(ACSA)の早期交渉妥結を図る。

・自由で開かれたインド太平洋を実現するため海洋安全保障及び海洋状況把握(MDA)に関する能力構築分野における協力を一層推進する。

・防衛装備及び技術協力を更に強化する。陸上無人車両(UGV)/ロボティクス分野での共同研究を推進する。

・日印両国の国防教育及び研究機関間の派遣プログラムを継続、拡充する。

・2019年9〜10月に日本沖で実施された「マラバール2019」等、日米印3か国間の協力及び同年9月のニューヨークでの日印米豪外務閣僚級協議を歓迎。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)