にわかファンも主役となる松本山雅FCの仕掛け

にわかファンも主役となる松本山雅FCの仕掛け

J2降格が決まっていても、多くのサポーターが詰めかけた(松本山雅FC提供)

4年ぶりにJ1に復帰した2019年シーズン、松本山雅FCの2万人収容のホームスタジアムには平均1万7416人の観客が詰めかけた。収容率約90%はJリーグの全クラブの中でもトップレベル。地元企業はじめ約700社がスポンサードしており、日本を代表する地域密着型のクラブチームである。

 成績は振るわず来シーズンから再びJ2へ降格が決まったものの、これほどの人気を呼ぶ秘訣は、市民が主体的にクラブを支援してきたことにある 。

 松本山雅は1965年に、長野県選抜の選手を中心に結成された。選手たちが当時よく通っていた松本駅前の喫茶店「山雅」がチーム名の由来で、県リーグや北信越リーグといった地域の社会人リーグに所属していた。

 2002年、日韓共催のサッカーW杯で、パラグアイ代表が山雅のホームスタジアムである「サンプロアルウィン」をキャンプ地にしたことをきっかけに、「Jリーグ入りを目指そう」という声が高まり、03年に地元の若手経営者が中心となって山雅を運営するNPO法人アルウィンスポーツプロジェクト(ASP)が結成された。

 Jリーグ入りに向けて越えなければならない壁は2つあった。一つは、ホームタウンとなる自治体がクラブ支援を文書で示すというもの。ASPが中心となって署名活動を展開し、09年に実現した。

 もう一つの壁はJFL参入に向けて勝ち上がることだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)