アマゾンも投資する「リビアン」はテスラに続くEVメーカーなのか

アマゾンも投資する「リビアン」はテスラに続くEVメーカーなのか

ピックアップ「R1T」

昨年のロサンゼルスオートショーでR1Tというピックアップ、R1SというSUV2つのEVモデルを発表し、話題となったEVスタートアップメーカー、Rivian(リビアン)社。多くのEVスタートアップがカリフォルニアに拠点を置くのに対し、Rivianは自動車の都デトロイトに近いミシガン州プリマスに本社を置いている。

 他のいくつかのEVメーカーのように中国資本に頼らず、アマゾンが多額の投資を行っていることでも知られている。そのRivianに投資ファンドT.Rowe Priceなどが合計15億ドルの投資を行ったことが12月に入って明らかにされた。それ以前にも他のファンドなどから22億ドルの投資を受けており、Rivian社の時価総額は50−70億ドルに達した、と言われる。EVスタートアップとしてはテスラに次ぐ位置につけた、と言っても過言ではない。

 興味深いのは、フォード・モータースが同社に対し5億ドルの投資を行っていることだ。Rivianに対してはフォードよりもライバルGMが興味を持っている、と言われていた。GMは来年にもテスラが発表したEVピックアップ、「サイバートラック」に対抗するピックアップを発表する、としており、Rivianの技術を高く評価していた。

 ところが関係者らの話によると、GMはRivianに投資というよりも買収に近い交渉を行っていた、という。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)