試合以外のコンテンツで地域に根付くFC今治

試合以外のコンテンツで地域に根付くFC今治

今治駅前は、活気があるとは言えない状況となっている

市町村が合併しても人口15万人の都市。それが今治市だ。ここ5年で約1万人が減り、日本の人口減少率の約2倍近いスピードで人が減っている街でもある。加計学院がスタートするまでは4年制の大学がなく、若者が残らなかった。港で人が賑わっていたものの、来島海峡大橋が出来たことで港へフェリーが来なくなった。それに伴い港に隣接する商店街も廃れ、商業施設も今治を後にするようになった。駅前を歩いても10分ほどで何千人も人が集まるサッカースタジアムがあるとは到底思えない光景だった。

 その街でクラブ運営を行うFC今治の企業理念には「次世代のため、物の豊かさより心の豊かさを大切にする社会創りに貢献する」が掲げられている。サッカーという文字はどこにもない。サッカークラブが盛り上がっていても、人がいなくなり街が廃れていては意味がない。そこでFC今治は地域にどう根付くか、サッカーを使って今治全体をどう盛り上げるかを常に考えている。そうしないことにはFC今治の存在が成り立たない。

 その活動の一環が「Bari Challenge University」という教育事業だ。「人が自分の力で生きていくための応援事業」と経営企画室兼ヒューマンデベロップメントグループ長を務める中島啓太氏はいう。岡田氏とアドバイザリーボード(外部有識者)の発案によってスタートした事業を2年目から任されるようになったのが中島氏だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)