【カルロス・ゴーン被告がレバノンへ逃亡】Jリーグの横浜F・マリノスにも影響か

【カルロス・ゴーン被告がレバノンへ逃亡】Jリーグの横浜F・マリノスにも影響か

記事まとめ

  • 日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が、保釈中に国籍のあるレバノンへ逃亡した
  • ゴーン被告の逃亡がJリーグの横浜F・マリノス売却説に影響を与えるのではと懸念の声も
  • マリノスがゴーン被告によりイメージが悪くなった日産から離れたいのが本音との見方も

J1王者マリノスが気を揉む「ゴーン逃亡」と「IR汚職」

J1王者マリノスが気を揉む「ゴーン逃亡」と「IR汚職」

(Naftizin/gettyimages)

思わぬとばっちりと言えそうだ。日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が会社法違反(特別背任)罪などで起訴されたものの、保釈中に国籍のあるレバノンへ逃亡。日本のみならず世界中に大きな衝撃を与えた前代未聞の一件が、スポーツ界にも影響を与えるのではないかと懸念されている。Jリーグの横浜F・マリノスに関する株式売却の噂だ。

 長きに渡って低迷していたものの昨季は15年ぶりにリーグ優勝。名門復活を果たし、再び上昇気流に乗ろうとしているタイミングでクラブには水面下で身売り話が浮上しているという。メーンスポンサーを務める日産自動車が経営難により、マリノスの買収先を求めて動いているというのである。1972年に創部された日産自動車サッカー部時代以来、親しまれ続けてきた名門チームの母体が変わるとなれば、それなりのハレーションも覚悟しなければいけないだろう。

 しかしながら現場やクラブ内の反応は意外にも冷静だ。身売り説が浮上していても、それほど慌てふためく様子は見られない。むしろ「もう中途半端になっている日産の手からマリノスは完全に離れたほうがいい」との声も数多く聞こえてくるぐらいだ。

 5年前から実質上、クラブ運営に日産はほぼ携わらなくなっている。2014年にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティなど世界8つのサッカークラブの持株会社であるシティ・フットボール・グループ(CFG)がチーム株式の19・95%を保有するようになり、少額資本参入という形ながらも傘下クラブのビッグデータをフル活用してマリノスの運営に関わるようになっているからだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)